下線
line
ストーカー・いじめ対策
調査概要
ストーカー対策
ストーカーとは、特定の相手に対して執拗につきまとう行為をする人のことです。
また、その行為をストーカー行為やストーキングと呼びます。
平成12年11月24日付けで「ストーカー規制法」が施行され、犯罪行為となりますが、近年のストーカー事件を見ても、警察はなかなか動いてくれません。
ストーカー対策では、ストーカーから貴方の身を守るため、ストーカーの相手情報やストーカー行為の証拠集めなど、様々な調査を行ないます。
何かが起こってからは手遅れです。ストーカーにお悩みの方は、ご相談ください。

【調査内容】
  • ストーカー行為の証拠集め
  • ストーカーの個人特定 
  • ストーカー対策のご指導 
  • 警察への被害届提出のご相談
    (当社顧問弁護士を通してアドバイスさせていただきます)

>>関連法令「ストーカー規制法」へ
いじめ対策
いじめとは、学校や職場などで特定の相手に対して、肉体的または心理的苦痛を与え楽しむことです。
このような卑劣な行為は断じて許すことはできません。いじめを解決するために、いじめっ子の特定やいじめ行為の証拠集めなど、様々な調査を行ないます。
ご家族や近親者、もしくは学校関係者でいじめ行為があるという方は、ご相談ください。

【調査内容】
  • いじめ行為の証拠集め
  • いじめっ子の個人特定
  • いじめ対策のご指導
  • 警察への被害届提出のご相談
    (当社顧問弁護士を通してアドバイスさせていただきます)

こんな人にお奨め
ストーカー対策
女性イメージ
  • 「毎晩、夜道をつけられていると感じる方」
  • 「度々のいたずら電話がかかってくる方」
  • 「嫌がらせの郵便やメールに困っている方」
  • 「断っても執拗に交際を申し込まれて困っている方」
  • 「度々下着などが盗まれる方」
いじめ対策
  • 「お子さんがいじめに遭っているいるのではないかと心配なご両親」
  • 「お子さんにいじめについて確認しても答えてもらえないご両親」
  • 「学校や職場でいじめに遭っていて解決したいとお考えの当事者の方」
調査流れ図 ご相談 アフターフォロー 面談 ご提案 ご契約 本調査 経過報告 ご報告
調査事例
<ストーカー>
事例
30代女性
女性
1ヵ月程前から、深夜を問わず自宅へ何度も無言電話がかかってくる。
また最近、誰かに見られているような気がする・・・
そんなある日、ご近所で親しく付き合っている人から、自分を誹謗中傷する内容のビラが配られていることを聞いた。
一体誰だろう?と考え、相談。

経験から、依頼者と顔見知り、又はそれに近い人間でありストーカーと判断。
依頼者の以前の交友関係の洗い出しを進めるとともに、自宅周辺の警備、また別件で盗聴器の探索を提案する。
結果
まずは、以前交友関係にあった男性・女性の調査を始めたものの、特に不審な人物を発見するには至らなかった。
その後、依頼者の自宅付近にて、徹夜での張り込みをしたが、警戒しているのか怪しい人物は現れなかった。
だが、調査の過程で依頼者の自宅の真向かいに住んでいる大家の次男に時折不審な行動が見られたため、期間をおき、依頼者の自宅付近での張り込みと並行して、大家の次男の行動を徹底的に調査するとともに監視カメラの設置を提案する。
その後の調査により、大家の次男が深夜に依頼者の自宅前で不振な行動を繰り返しているところを発見。

話し合いをし、大家の次男の携帯電話の送信履歴を確認したところ、依頼者への発信履歴が無言電話の時間と一致。
そして大家の次男が行為をすべて認めたため、今後行為に及ばないことを確約する誓文を記してもらい、調査員は、次男と携帯電話及び画面に表示された内容等、証拠映像を撮影。
調査結果とともに依頼者に報告。

大家の次男は依頼者に気があったため、行為に及んだようだ。
調査結果により、原因がわかったことから、依頼者は今後の安心を得るかたちとなった。
事例
20代女性
女性
今の会社に勤める前のアルバイト先で知り合った男性R。
二人での食事を何度も誘われていたがうまく断っていた。
しかし、やがてしつこくなり K美さんはアルバイトを辞めることに。
その後Rの嫌がらせがエスカレート。
イタズラ電話、脅迫手紙、車に傷をつけポストを 壊す・・・
「どこかから見張られているような気がする」というK美さん。 こうして8か月経過した。
結果
依頼者の自宅マンション付近にて張り込み開始。
監視・撮影・追跡をしていると、なんとその男性の車が依頼者の自宅マンションから程近い月極駐車場に駐車されていることを確認。
しかも男性の住まいは依頼者マンションが見える2階建てアパートの一室。
依頼者の近くに引っ越していたのだ。 こんな近くにいようとは・・・
その後、依頼者を尾行する男性の証拠映像を複数回撮影。
調査員が男性宅へ向かい、話し合いを行う。
その男性は、今後絶対に行為に及ばないことを記した誓文を依頼者に送付。

男性は引っ越し、依頼者は平穏な日常を取り戻した。

<いじめ>
事例
10代中学生
中学生
最近、子供の様子がおかしい。
学校での様子などを聞いても何も答えない。
同級生からのイジメを疑っているが学校の先生に問合せてもその様な事実は確認されていないとのこと。
結果
依頼者の子供は部活動も行っており、学校からの帰宅は夕方過ぎになる。
部活動の様子では、イジメなどの確認は出来ない。同級生との仲もよさそうである。
数日監視を行った結果、部活動の帰りに上級生と思われる生徒と話をしている様子が確認される。
上級生の身元確認後、風評について聞込みを行うと、上級生は地元の不良グループの一人で、依頼者の子供に金銭の要求をしていたことが判明。
依頼者に調査内容を報告したところ、担任の先生に相談。
学校全体で事実確認を行ったところ、他にも被害にあっていた生徒が確認された。
のちに、学校側から警察の方に事情を説明していただくこととなった。

各種調査に関するご相談は「総合探偵社 ガルエージェンシー赤坂」 ご相談フォームはこちらから アクセスマップはこちらから